Author: Jordan Irabor

Typescriptでノードプロジェクトをセットアップする方法

はじめに Nodeは、サーバーサイドJavaScriptの記述を可能にするランタイム環境です。2011年のリリース以来、広く採用されています。サーバーサイドJavaScriptの記述は、JavaScript言語の性質上、動的で弱い型付けなので、コードベースが肥大化していき、困難な作業です。 他の言語をからJavaScriptを始める開発者は時に、静的で強い型付けに欠けている面に不満を感じますが、TypeScriptはそのギャップを埋めてくれます。 TypeScriptは、大規模なJavaScriptプロジェクトの構築・管理に役立つ型付け(オプション)スーパーセットです。静的で強い型付け、コンパイル、オブジェクト指向プログラミングなどの追加機能を持つJavaScriptとして考えられます。 注: TypeScriptは、技術的にはJavaScriptのスーパーセットです。つまりJavaScriptコードはすべて、有効なTypeScriptコードであるといえます。 以下にTypeScriptを使用するメリットを挙げます。 オプションの静的型付け。 型推論。 インターフェースが利用可能。 このチュートリアルでは、NodeプロジェクトとTypeScriptをセットアップします。TypeScriptを使用してExpressアプリケーションを構築し、それを整然とした信頼性の高いJavaScriptコードにトランスパイルします。 前提条件 このガイドを始める前に、Node.jsをマシンにインストールします。ガイドNode.jsをインストールしてローカル開発環境を整えるを参照して、これを実施してください。 ステップ1 — npmプロジェクトの初期化 まず、node_projectという新しいフォルダを作成し、そのディレクトリに移動します。 mkdir node_project cd

Continue reading